入籍後の手続きについて

入籍後に必要な手続き

結婚は、最愛のパートナーとの新しい生活の始まりでもありますが、姓や住所が変更される為に、そのまましておくと支障をきたす事もでてきます。


困る事がないように入籍後に必要な手続きについて考えてみました。

姓や住所の変更を行わないといけない手続き

姓や住所の変更を行わないといけない手続きに、銀行などの金融機関やクレジットカードや運転免許書などの変更手続きがあり、他にも生命保険やパスポートなどの変更手続きもあり生命保険は保険金受取人も新しい家族に変更しておく事をお勧めします。

新生活の欠かす事ができない手続き


新生活 手続き

新生活の欠かす事ができない手続きでは、郵便物の転送や電話やプロバイダーへの住所変更の手続きやまだ新居に引っ越されていない方はガス、水道、電気などの公共料金の手続きなども必要で、会社に務めている方は、結婚届などの手続きを行わないといけません。

そして、結婚を気に会社を退職され扶養家族になる方は、健康保険の手続きも必要になります。

このように結婚した事で、いろいろと手続き必要になりが大変な事も多いかと思いますが、今後の生活を支障なく過ごす為には必要な手続きなので、早めに手続きを行う事をお勧めします。

入籍後の手続きの手順

住所変更の手続き

新住所が同一市区町村内であれば住所地の役所に保険証をもって手続きしてください。

新住所が市町村が変わる場合は、まず現在の住所地の役所で転出手続きをしてください。必要書類として保険証が必要です。役所で転出証明書をもらうので、転出証明書と年金手帳を持って新しい住所地の役所で転入手続きをします。

運転免許書の変更

住民票を役所で貰います。免許書には本籍が関係するので本籍地を記載したものを発行してもらってください。


住民票と免許証を持って、警察署で変更手続きを行なってください。

入籍後は住民票がないと身分を証明できるものがないため、なるべく早めに免許書の変更を行なってください。


印鑑の変更

登録していた印鑑の苗字が変わる場合は、新しく登録する印鑑を持って銀行へ手続きに行ってください。通帳、キャッシュカードの名義や登録の印鑑を変更します。

転居届け

郵便局に行き、転居届けを提出し、新住所へ郵便物が届くように手続きしてください。1年間は、旧住所で郵便物が届いても、新住所へ届くという、1年間限定のものとなります。

名義変更

クレジットカード、生命保険、自動車保険、自動車、パスポートなどの名義を変更してください。

このページの先頭へ